今年は主人の生命保険の更新です

わが家の主人の生命保険の更新がそろそろやってきます。主人の保険は、定期更新型の保険ですので10年ごとに見直す必要があります。今までは子どもも小さかったので死亡保障が高めな保険でした。

 

でももう、長女も就職し少しは子どものお金の心配もなくなりましたので、今までの死亡保障は今後は下げるつもりなんです。反対に、これからは年をとり病院にかかる機会も多くなります。ですから入院や医療保険の見直しを検討しています。がんなどの先進医療費も十分とはいえません。

 

1日1万円以上の入院保障に変更するつもりです。今のままの内容では1日5千円ですので、きっと入院することがあっても足りないのです。食事やベット代金、衣服代いろいろ入院するとかかるのです。もちろん、手術にも対応できる保険内容に変えたいと考えています。

 

でも心配なのは、月々の保険料です。死亡保険を下げて医療を充実させればそんなに差はないと保険の人が言っていました。ほっとしています。ライフスタイルの変化に応じて生命保険は見直すべきだと私は思いました。

 

10年ごとにこうやって生命保険を見なしては変更しています。あまり下げてもいけませんし、あげても保険料が高くなるだけです。